トップ > 6年間で身につく力 > 教育課程

教育課程

中学校 教育課程

中学では、すべての科目をバランスよく学びながら、これからの社会で求められる思考力・判断力・表現力を「中学研究論文」で養います。
(*)は一部集中実施。

教科 中1 中2 中3
国語 5(書写1 含む) 4 6(書写1 含む)
社会 4 4 4
数学 5 5 5
理科 4(理科Ⅰ・Ⅱ 各2) 4(理科Ⅰ・Ⅱ 各2) 4(理科Ⅰ・Ⅱ 各2)
芸術 3(音楽1・美術2) 3(音楽2・美術1) 2(音楽1・美術1)
保健体育 3 3 3
技術・家庭 2 2 2
外国語 4 5 5
総合的な学習 EC1
論文1
EC1
論文1
EC1
論文1(*)
道徳 1 1 1
HR 1 1 1

▲このページのトップへ戻る

高等学校 教育課程

高校では、希望進路(文系・理系)別に類型化された科目を幅広く、難関国公立大学の視野に入れ、希望進路の実現をバックアップします。

▲このページのトップへ戻る

中学1年~中学2年 [基礎力養成期]

しっかりとした基礎学力を確実に定着させるため、特別な教科に偏ることなく、バランスよくどの教科も学習して人間として生きる力をつけます。
各自学習計画を立て、担任から個人面談によりアドバイスを受け、自主的に学習努力する姿勢を身につけていきます。頻繁に行われる小テストで勉強不足の点を確認し、補習などですぐに取り戻せる体制になっています。

外国人教師による英会話の授業はクラスを2分割して少人数制で楽しく会話を勉強します。指名制補習、希望制講習は長期休暇にも行っています。

▲このページのトップへ戻る

中学3年~高校1年 [充実期]

自分の将来を見据えた上で、現時点では何をすべきかを考え、それに沿った着実な学習への努力をする時期です。また、中学3年からは高校の内容にも入っていき、学習の面白さが一層増してくる時期でもあります。一方、中学3年間で学んだことが確実に身についているか、確認テストなどを行い、必要な生徒には補習などで対応し、中学の基礎学力定着の完成を目指します。

高校1年の数学は発展・標準の2段階に分けた少人数習熟度別クラスで、意欲的な学習を可能にします。

▲このページのトップへ戻る

高校2年~高校3年 [発展期]

高校2年次からは、国公立・私立、文系・理系によって類型化された科目を履修します。授業は、同じ方面の進路を目指す生徒たちで構成されるため、互いに切磋琢磨するなかで、実力を身につけていきます。

一方、学級においては異なる進路を希望する多様な生徒同士の相互啓発のもと、学級活動が行われています。授業と学級活動を異なる編成で行うことで、バランスの取れた学習環境を築いています。

また、長期休暇には講習が行われ、希望する進路に応じたきめ細かな指導が展開されます。

▲このページのトップへ戻る

生徒の声

大妻では高校1年生で芸術科目が選択制になり、高校2年生でほとんどの科目が選択制になります。
自分の好きな科目や将来必要な科目を選択できるうえ、クラスの枠をこえ、色々な人と同じ教室で授業をうけられるので、授業が一段と楽しくなり、さらに交友関係を広げられます。また、先生方に質問や相談をしに行きやすく、丁寧にアドバイスをしていただけます。このような環境で運動部に所属している私も部活と勉強を両立しながら、充実した日々を送ることができています。(ソフトテニス部)

より詳しく知りたい方は、説明会へお越しください!詳しい資料などを配布しています。
説明会情報へ

▲このページのトップへ戻る