トップ > 入試情報 > 出願状況

出願状況

2017(平成29)年度 入学試験出願状況

2月2日19:00現在の出願状況です(最終日)。

    第1回入試(2/1) 第2回入試(2/2) 第3回入試(2/3)
出願人数 301 685 575

▲このページのトップへ戻る

第3回試験(2月3日実施)の窓口出願

第3回試験(2月3日実施)の窓口出願を受け付けます。
・日時 2月2日(木)午後1時~4時
・場所 大妻中学高等学校校舎
出願書類等の詳細は、「生徒募集要項」pp.2-4をご覧ください。

▲このページのトップへ戻る

一般入試に関するQ&A

ご出願、ありがとうございます。
募集要項から抜粋した内容を掲載いたしますので、ご確認ください。

試験日:平成29(2017)年2月1日(水)、2日(木)、3日(金)
受付時間:7:30~8:20(大妻中学高等学校校舎1階)
算数:8:45~9:35
国語:9:55~10:45
社会:11:05~11:35
理科:11:45~12:15

以下、入試当日の流れについて、多く寄せられるご質問をあげながら、Q&A形式でご説明します。試験に向けてのご参考になれば幸いです。

Q1.持ち物は何が必要ですか。
A.受験票・筆記用具(シャープペンシル可)を持参してください。上履きは不要です。
 試験中に机の上に置いてよいものは、受験票、筆記用具(えんぴつ、消しゴム、シャープペンシル)、時計です。定規、分度器、コンパス、下敷、マーカーは使用できません。
 また、携帯電話の試験場への持ち込みはできません。

Q2.試験室に時計はありますか。
A.あります。腕時計を持ってくる場合は、時計機能だけのものにしてください。

Q3.試験室に飲食物を持ち込んでもよいですか。
A.飲み物については結構です。容器はペットボトルでも水筒でもどちらでも構いませんが、試験中は必ずかばんの中にしまい、飲むのは休憩時間だけにしてください。食べ物の持ち込みは禁止しています。

Q4.体調が悪い受験生への配慮はありますか。
A.別室で受験することができます。事前に電話でご相談、または当日受付でお申し出ください。

Q5.受付はどこですか。
A.大妻中高校舎1階のエントランスホールです。受験生は保護者の方と一緒に受付においでください。
 受付では受験票を確認し、受験生へ「試験室の案内」プリントを、保護者の方には「保護者控室のご案内」プリントをお渡しします。プリントには、受験生の受験室・階が記載されていますので、ご確認ください。

Q6.試験室に入る前に保護者が預かっておくものはありますか。
A.受験生の方が携帯電話をお持ちの場合は、試験室入場前に保護者の方にお渡しください。

Q7.大雪などで、交通機関が遅延しているときはどうなりますか。
A.午前6時以前は、ラジオによる緊急連絡放送(ニッポン放送)で、午前6時以降は、学校ホームページにてお知らせしますので、ご確認ください。
 
Q8.保護者控室はどこですか。
A.大妻講堂です。外出も可能ですが、12:05までには大妻講堂へお戻りください。
  大妻講堂での飲食はできません。飲食は大妻学院本館F棟2階の学生食堂でお願いします。
  7:30~からスペースのご利用は可能ですが、営業時間は8:00~13:00です。

Q9.試験終了後の合流場所はどこになりますか。下校は受験番号順ですか。
A.合流場所は大妻中高校舎1階のエントランスホールです。試験終了時間に合わせて、係の者が保護者の方を大妻講堂から合流場所へご案内します。
 受験生は試験室の階ごとに降りてきますので、お嬢様とお会い次第お帰り頂いて結構です。試験終了の12:15より、最長30分程度のお時間をいただく場合もございます。
 下校は、ご来場順となります。もし、早めにお帰りになりたい場合は、朝7:30の受付開始後、なるべく早くお越しください。

Q10.合格発表はどのように行われますか。
A.掲示(大妻講堂)とホームページにて発表します。時間は、掲示発表が1・3日は19:00~19:30、2日は19:30~20:00、ホームページ掲載はその10分後です。大妻講堂には発表の30分前からお入りいただけます。
  翌日以後は、入学手続き会場(大妻中学高等学校校舎)に合格者受験番号一覧表を掲示いたしますので、ホームページで合格を確認された方も、必ず掲示をご確認ください。

Q11.合格証と入学手続書類はどこでもらえますか。
A.当日掲示で合格を確認された方には、大妻講堂で受験票と引き換えに合格証と入学手続書類を交付します。
  ホームページで合格を確認された方は、入学手続の時間帯に入学手続会場(大妻中学高等学校校舎)にて受験票と引き換えに合格証と入学手続書類をお渡しいたします。

受験生の皆さんが今までの努力の成果を存分に発揮されることを心よりお祈りしています。

▲このページのトップへ戻る