トップ > 国際交流 > 海外大学・中高等との交流 > ロンドン大学

ロンドン大学

ロンドン大学、UCL教授を訪問

 井上美沙子校長はこの秋のオックスフォード大学におけるイベント実施の折、ロンドンに立ち寄り、UCL医学部教授セミール・ゼキ教授と面会しました。教授の大学院生のゼミを見学後、教授用ホールにてランチを共に食し、UCL中庭の長州ファイブと薩摩藩士の石碑やUCL創設者ジェレミー・ベンサンムの像を拝見し、交流を深めました。教授の来日の際は大妻学院を再訪頂くことをお願いしてUCLの訪問を終了しました。
 また、本校の高校生が夏にUCLを訪れ , 英国の大学生や若者達と現代世界が抱えている課題についてディベートをしたりする“ Young Challenge” プログラムを主導しているUCL教授、大沼信一先生ともお会いしました。大妻のオックスフォード大学で実施されたイベントに大沼教授が参加されたものです。その際、来夏にロンドンのUCLで行われるプログラム等について校長と打ち合わせを行いました。

ロンドン1

ロンドン2

ロンドン3

ロンドン4

ロンドン5

▲このページのトップへ戻る

UK-Japan young Challenge 2016に向けた打ち合わせ

2015年11月、井上美沙子校長が、UCLで実施される予定の"UK-Japan young Challenge 2016"について、同プログラムのディレクターOhnuma教授と打ち合わせを行いました。2015年に本校生徒が参加し、英国の高校生との交流・討論を行ったUCL-Japan Grand Challenge Eventについてはこちらをご覧ください。

UCLのohnuma教授

▲このページのトップへ戻る

井上校長がUCLを表敬訪問(指定校推薦枠について意見交換)

2015年11月、ロンドン大学UCL(ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン)とのファウンデ―ション・コース推薦提携を深めるため、井上美沙子校長がロンドン大学を訪問し、UCL Centre of Languages & International Education, Director Dr. HoffmannやMr. Bowmanなどと、今後の交流の計画等を話し合いました。UCLとのファウンデ―ション・コース推薦提携については、こちらをご覧ください。

▲このページのトップへ戻る

UCL学長が来訪

 2013年9月、英国の名門ロンドン大学UCL(ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン)のマルコム・グラント学長が来校しました。
 
 7月から8月にかけて、本校中学生22名が夏期研修“Discover Oxford and Britain”(「英国と出会う旅」)に参加し、ロンドンへのStudy Visitの折に、UCLを親善使節として訪問したこと、また、UCL主催日英学術文化交流150周年記念式典に大妻学院も招待を受け、代表として本校の井上美沙子校長が出席したことへの返礼としての表敬訪問でした。両校が学術文化交流のさらなる進展を願い、確かめ合う良い機会となりました。



▲このページのトップへ戻る